上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
y_miyazaki0616

8月3日(土)中頓別町メモリアルパークで開催する2013全日本水風船キャッチ選手権大会の出場申込締め切りを明日7月31日迄延長しております!
07-30 14:22

スポンサーサイト
2013.07.31 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 「中頓別町民間賃貸住宅建設促進条例」(民間アパート建設助成)は、平成25年3月定例会で町長から提案され成立しました。
 この条例の目的(第1条)には、「町内に民間賃貸住宅を建設する個人又は法人に対して、その費用の一部を助成することにより、良質な賃貸住宅の供給の促進を図り、もって町民の定住を図る」と謳われています。
 
 しかし、本条例のように、工事費をベースとした補助金による支援は、不透明感が漂います。
 とくに、民間アパートの所有者(発注者)と建設業者(受注者)が同一の場合、確認申請段階と完成後の家屋価値に大きな差が生じる可能性もあるのではないでしょうか。高く申請して安く建てるということですね。
 補助金支出のベースに家屋完成後の評価額を用いないということで、工事費の水増しや手抜き工事のチェックを難しくしていると考えられます。
 
 仮に条例や規則で補助金の使い道を家屋の工事費だけに限定したとしても、お金に色はついていないわけで、アパート経営に必要なその他の経費、例えば用地取得(土地購入費)に使われてもわかりません。
 こうした制度で直接恩恵を受けるのは、経営者と土地買収などにからんだ一部の者だけになることも問題でしょう。
 裏を返せば、先に補助の依頼ありきで、あとから公共性を付け加えた条例とみることもできます。
 
 
2013.07.25 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。