上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 6月17日の第2回定例会で、私は民間アパートの建設補助について質問しました。

 建設候補地は、あかね団地側の町有地もその一つでした。本来、町の助成条例を適用するなら、町有地の有効活用を第一に考えるべきですが、なぜか、役場庁舎と旧営林署庁舎の間の土地に決まりました。
 この土地は、昨年3月議会で修正議決された予算に計上されていた役場裏の土地所有者名義でした。町はこの土地の斡旋に関与していないのか。偶然の一致なのか?面積の違いはさておき、売買価格にどれくらいの差があったのか質しました。

町長の答弁
 条例制定時に話したとおり、候補地は二つあったが、町としてあかねの町有地しか紹介していない。いくらの差があったのか、いくらで売れたか聴いていない。稚内信金が積極的に土地の取得も斡旋した。私は関与していない。土地については、所有者に電話した覚えも要請したことも一切ない。稚内信金は、いまの場所が人通りが多く建物の宣伝になるとのことで薦め、土地取得手続きの一切を行ったと聴いている。

 
 以上、第一報としてご報告申し上げます。
2013.06.22 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://miyazaki0616.blog.fc2.com/tb.php/20-dfb7129a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。