上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 2月6日、7日の日程で臨時会が開かれます。それに合わせ有言実行、村上春樹氏の『ドライブ・マイ・カー』に対する決議案を昨日の議会運営委員会に提出し議案とするよう求めました。
 
 ところが、委員会での協議結果は、議会としての決議には馴染まないとの理由でNG。議会という合議体の意思を形成する決議に定型はなく、なにが馴染まないのかよくわかりません。
 
 ノーベル文学賞候補となる作家が事実と異なることを小説にしたことが町のイメージダウンにつながり、このまま放置すれば、本町への偏見と誤解が広がる訳ですから、作家に遺憾の意を伝え、なんらかの対処を求めることの緊急性は高いと思います。
 
 活字化の事実を知りながら公式には何もしないということは、不本意な表現を認めることになります。環境美化や交通安全に励む町の代表である議員や首長は、こうした問題に敏感に反応すべきでしょう。
 
 中頓別町を愛する町民のみなさまに、ぜひこの小説を読んでいただきたく、本町に関する表現に限定して小説の一部を引用させていただき掲載します。
 
 文藝春秋 平成25年12月号335ページより 「北海道の山の中で育ちました。十代の初めから車を運転しています。車がなければ生活できないようなところです。一年の半分近く道路は凍結しています。運転の腕はいやでも良くなります。」
 とありますが、車がなくても生活できますし、私は自分の運転が上手いと思ったことは一度もありません。半年近くも道路が凍結するところが日本にあるのか疑問です。

 同340ページより 本籍地は北海道中頓別町、二十四歳になったばかりだった。中頓別町というのが北海道のどのへんにあるのか、家福には見当もつかない。
 とありますが、見当もつかないのに、なぜ実名を使用されたのでしょうか?町名が意味なく何度も使われていることにも強い違和感を覚えます。

 同354ページより 小さく短く息をつき、火のついた煙草をそのまま窓の外に弾いて捨てた。たぶん中頓別町ではみんなが普通にやっていることなのだろう。
 とありますが、特にこの部分。なぜ彼女の行いが、イコール中頓別町民と強調する必要があったのか?心ない表現であり、卑屈さも感じます。一刻も早く、臨時会で審議し、可決できることを望んでいます。郷土への愛と誇りが試されていると思います。 
 
 できるだけ多くの町民のみなさまと議員のご支援を賜りたいと願っています。
2014.01.30 Thu l 未分類 l コメント (76) トラックバック (0) l top

コメント

大げさにしなくても・・・
道北在住の者です。
何度か訪れた中頓別の話題がネットに出ていて驚きました。
町はきれいで、確かに今時ポイ捨てをする人がそれほどいるとは思いません。
しかし、たかが小説、フィクションであり、鬼の首を取ったように騒がなくてもいいのではないでしょうか?

本州人にとっては中頓別という町がどこにあるのかすら知らないですし、道北人からすれば中頓別の人々がそんなことをしないことは当然わかります。
所詮はフィクション。
大らかに「村上春樹さんの本に町が出た!」と自慢して町おこしにつなげればよいのに、と思います。
2014.02.05 Wed l 道北在住者. URL l 編集
No title
ニュースで拝見し、ここを知りました
貴方の個人的な狭量な怒りが
町全体をおとしめる事になりかねません
さまざまな事に問題意識をもつ事は悪い事ではありませんが
前後不覚になってケチを付けて回ることは違います
先の方が述べられているような、おおらかな心は持てないでしょうか
再度、熟考ねがいます
2014.02.05 Wed l たかはし. URL l 編集
No title
現状ポイ捨てをしていないのに屈辱的だという発想だから、上記のコメント主のようにクレーマー扱いをする人が出てくるのです。
観点を変えてください。
今後、村上春樹ファンが中頓別を訪れるかもしれません。確かに町おこしです。
でも、その方たちの中に「中頓別ではポイ捨てが普通なんだ」「春樹が描いたことを自分も再現したい」と思う人がいてもおかしくはありません。
読者のひとりがそう思って、火のついた煙草をポイ捨てするという可能性は否定できません。
山火事になってからでは遅いんです。
しかも、観光客のその方に何の被害があるでしょうか。
「春樹の世界に浸った」という満足感が残るだけです。

今回の件は屈辱ではありません。
防災面での問題なんです。
その観点で問題を提起しないと、最近よくあるクレーマーのひとつとされてしまいますよ。
2014.02.05 Wed l . URL l 編集
常識を疑います
たとえば愛媛県松山市は夏目漱石に「坊っちゃん」の中で「不浄の地」とまで貶められながら、この文学作品としての価値を認め、愛すべき街の誇りとすら感じています。
誰の入れ知恵か知りませんが、あなたたちのやっているレベルの低い抗議活動の方が中頓別のイメージを損なっていますよ。早く抗議を撤回し、ポイ捨ての無い町づくりをするくらいの度量を見せなさい。
2014.02.05 Wed l なさけなさお. URL l 編集
この人は次の選挙で落とすべき人。
タイトル通り、この人は次の選挙で落とすべき人。
他にやることあるでしょうに。
2014.02.05 Wed l ポイ捨て反対. URL l 編集
報道後すごい反響ですね。
さすが著名な作家さんです。
だからこそ、いくら「フィクション」「表現の自由」だとしても実在する町を取り上げる際、ましてや悪印象を与える表現には、もう少し配慮が必要だったと私も思います。
他人からすれば「たかがそんなことで」かもしれないですが、誰もが自分の生まれ故郷や住んでる町を悪く言われていい気持ちはしないですよね。質問状について賛否色々ありますが、村上さん側からのなんらかのアクションがあるといいですね。
2014.02.06 Thu l かつ. URL l 編集
No title
選挙で落とすべき人というコメントに賛同します。
なぜなら防災面の問題とコメントされた方のように意見を提起したら良かったのに、この議員はそこまで頭が回らなかったからです。
それをできなかった無能さゆえ、選挙で落とすべき人というコメントに賛成です。
2014.02.06 Thu l . URL l 編集
No title
確かに、私も賛成です。

引用部分も揚げ足取りばかりで、
北海道を知らない人から見たら、凍結の期間が半年だろうが4ヶ月だろうが大した問題じゃないのに。

沖縄の人に
「一年中夏でいいね」って言ったら「冬もある!郷土愛をなめるな」とか
神奈川の人に
「神奈川県って盗難が多いんでしょ」と言ったら「大阪より少ない、差別だ」とか
いうような話でしょう。

村上氏が、あの卵のたとえでイスラエルを諌めた人が、中頓別を卑しめる目的で作品を作ったわけでないのはわかるでしょう。
できれば大らかな北海道のイメージをこれ以上貶めないで欲しい。
2014.02.06 Thu l *. URL l 編集
No title
ただの誇張と皮肉表現。読解力不足です。
2014.02.06 Thu l とと. URL l 編集
No title
新聞記事で読みましたが、あなたの主張はただの揚げ足取りではないのでしょうか?確かに、地元の町が悪く言われて気分が悪くなる気持ちは分からなくもないですが、だからといって質問状を送るようなことでしょうか?小説はあくまでフィクションなんですからいちいち目くじら立てたら、書き手のモチベーションが下がるだけです。私は埼玉在住ですが、かつて「ダサいたま」と呼ばれていましたが、別に何とも思いませんでしたし、笑い飛ばしてましたよ。
2014.02.06 Thu l ブレイズ. URL l 編集
No title
335
誇張して言っているだけ。誰も真に受けない。「一年の半分は~」なんて常套句。

340
町名も場所もわからなくしたら、本当にわけのわからない町になるから無理。

354
人物と町の間の距離感(形而上も含めて)を皮肉を交えて表現しているだけ。本気でそう思っているわけではない。人物の性格と、相手に対する興味の度合いを示す指針にもなっている。

全く問題ないと思いますけど。却って町おこしなんかに使えるんじゃないんですか?
2014.02.06 Thu l とろ. URL l 編集
No title
すごくくだらない。
中頓別の市議の見識の低さを逆に疑われかねないレベルの低い議論ですね。
中頓別の名誉のためにも「このレベルでも市議が務まる町なんだね」と言われないようにつまらない揚げ足とりはしない方が町のためになりますよ。
2014.02.06 Thu l よしの. URL l 編集
選挙で落とすべきとか???
賛否両論となっていますが・・・

もし自分の職場名で同じこと書かれたらどうでしょうか?
知らない人はそういうとこだと思ってしまうのではないでしょうか?
私だったら嫌ですよ。

この議員の行動はおかしくないと思っています。
2014.02.06 Thu l ブルー. URL l 編集
No title
 中頓別の語源はご存知ですよね?それに由来する言葉というのは、日本語を話す人間、特に北海道でちらほら見られるそのような地名に馴染みのない地域で育った人間にとっては、発音した時にある種の違和感、面白さ、を感じる語感が多いです。もともとは違う言語なので。
 響きの違和感というのはそのまま非日常性に通じます。それは村上文学の根幹を成すものひとつであるマジックリアリズム(性質上、言い切ると語弊があるかもしれませんが)に直結します。N町などの記述では成立しないんです。『中頓別』か、それに準ずる語感のものでなければなりません。もし、浜頓別でも上頓別でもなく、中頓別がベストな響きだと作者が判断したなら、作品的にはそれ以外はあり得ません。
 手法的な必然性があるにも関わらず、『意味もなく何度も使われている』とはどういう事でしょうか?説明してください。他にも見当違いをなさっているようなので、いくつも質問があるのですが、まずそれに答えてください。
2014.02.06 Thu l ましだ. URL l 編集
No title
村上春樹さんの小説で中頓別という表現が使われたということがむしろ喜ばしいことだと思うのですが・・・。村上さんは中頓別を貶めようとして使用したものではないと思います。こんなことで質問状など、大らかな北海道のイメージが崩れてしまい残念です。
2014.02.06 Thu l まるこ. URL l 編集
No title
私も今回、失礼ながら初めて中頓別町という地名を知ったばかりで、
なにも知らないのに、申し上げるのもなんですが、どうしても、
一言申し上げたくて、コメントします。

今私は、海外に住んでいます。
毎年、夏になると山火事が心配になる地域です。
原因はバーベキューであったり、
観光客の心ない、たばこのポイ捨てであることも多いようです。
その山火事に対する緊迫感、消防の人たちの努力、
場合によっては犠牲者もでる環境で、
この地域の人たちは、
「たばこのポイ捨てしたやつ、殴る」
「俺たちの町になんてことしやがる」
(本当はもっと過激な発言なのですが)
といきまいています。
そこに住んでいる私も、
この「(ポイ捨てを)あたりまえにやっている」
という表現には激しい怒りを覚えました。

津波などの自然災害が起こったとき
被害を受けた人に対して、配慮するのは
あたりまえです。

ではなぜ、山火事に関して、そんなに冷淡なのでしょう。
ただ知らないからではないですか?
山火事や自然災害のこわさを知らないからこそ
「表現の自由を侵害するな」などといったり、
つまらないことで目くじら立てるななどという、
無神経なことが書けるのではないですか?

もし、私の住んでいる地帯を舞台にして同じことが
書かれたら、やはり私は抗議します。

表現の自由は認められて
怒る自由や抗議する自由は認められない、というのは
民主主義に反していませんか?

また、これで観光客が増えるからいいじゃないかと
いう人もいますが、軽い気持ちで
模倣する人が現れるという事態は
100%あり得ないのでしょうか。
通常考えて、そんな愚かな人はいないといわれるかもしれません。
それなら、そこまで危機を想定することも、
自治体の仕事の一つではないでしょうか?

このことで、多くの人が、
宮崎町議を「頭が固い」とか
「表現の自由を損なう」などと
言っているかもしれませんが、それ以上に
「たばこのポイ捨ては中頓別ではふつう」がどれだけ無神経なのか、
そこに想像力が働かなかった作家にも問題があると思います。

作品がどれだけすばらしかろうが、
たかが小説です。
小説は日常生活が送れているからこそ
読めるものです。
日常の暮らしと、架空の世界を描いた小説と、
どちらが優先順位が高いのか
考えてから抗議するべきでしょう。
2014.02.07 Fri l LIE. URL l 編集
No title
村上氏が見解を出しました。

別に村上氏は山火事に対して冷淡というわけではないでしょう。
模倣犯が出るというのも飛躍していると思います。
小説で殺人の話が載ると殺人事件が増えるから、書いてはいけないのですか?
怒る自由は別に制限されていないでしょう。
ここでのコメントの大半は大らかな心で対応してはどうか?という忠告を述べているだけだと思います。
100%ありえないかどうかはわかりません。
絶対、を思うなら、もう車も乗れなくなりますよ。

差別、悪意を持っての発言なら徹底的に抗議するべきでしょう。
でも村上氏が、そしてその文章にそうした意図があるかどうかは小説をちゃんと読めばわかるはずです。
その上で、防災面の対応を上手にやればよかったのに、と思います。
道産子の大きな心を示して欲しかった・・・こんな狭量さではなく。
本当に残念です、そしてもし私の町の町議がこのような方ならきっと投票はしないと思います。

村上氏より
「僕は北海道という土地が好きで、これまでに何度も訪れています。小説の舞台としても何度か使わせていただきましたし、サロマ湖ウルトラ・マラソンも走りました。ですから僕としてはあくまで親近感をもって今回の小説を書いたつもりなのですが、その結果として、そこに住んでおられる人々を不快な気持ちにさせたとしたら、それは僕にとってまことに心苦しいことであり、残念なことです。中頓別町という名前の響きが昔から好きで、今回小説の中で使わせていただいたのですが、これ以上のご迷惑をかけないよう、単行本にする時には別の名前に変えたいと思っています」
2014.02.07 Fri l . URL l 編集
著作権のある文章をそのまま掲載
このブログに著作権がある文章をそのまま掲載していますが、著作者の許可は取っているのでしょうか?
2014.02.07 Fri l ころものこ. URL l 編集
No title
 私が村上氏の見解が出る前に指摘していた通り、語感、響きの話がでましたね。なぜそれを読みきれないのだろうと不思議に思います。
 村上春樹の他の作品群をも読めばわかるように、その文体には誇張や比喩、ユーモア、皮肉った表現などが極めて多く散りばめられています。これは、構成上、必要不可欠な要素として文章に息づいています。
 今回の、みんなが普通にやっている事なのだろう、という件は、人物の主観以前に、主人公にとってドライバーがまるで未知の国からきたかのような、非日常的で、不思議で、ある意味遠い存在だという事を表現するために、皮肉として使ったものです。なぜそのようなキャラクター設定が必要なのか、男女の溝の捉え方に関してはここでは割愛しますが、決して本心から言っているのではありません。そう思えるくらいに町、女がかけ離れている存在だという事を示唆しただけです。普通、常識のある大人が、誰か一人が煙草を捨てるのを見ただけで、みんなが煙草を捨てる町があるなんて思わないですから、ある種の洒落です。それに対して目くじらを立てているという事は、あなたの町の人間が、冗談、洒落も通じない人々なんだという受け取り方でよろしいのでしょうか?違いますよね?読む力の無さから、勝手に勘違いして、心ない表現だの卑屈だの、意味がわかりません。しっかり読み解いてから、あるいは専門家なり事情に精通した助言者なりを入れてから、、それでもまだ誤解を生むと考えたならば、他の観点も踏まえて問題を指摘、非難するのならわかりますが、これでは浅はかすぎます。公にして質問状を提出する以上、読解力不足だったという理由だけでは済まされません。

 作者は本当にこの地域が好きなんですね。たとえ不本意だとしても、自分が書いた舞台側に非難されたら、自分の子供同然の作品の記述を変更する事もいとわなかったのですから。
2014.02.07 Fri l ましだ. URL l 編集
No title
東京が舞台のヤクザ小説や猟奇的なサスペンス物を書いて
「東京はそんな街じゃない。悪い印象が付くから止めろ」
って都議会の議員がケチ付けて来るようなこと。
と、とある方がおっしゃっておりましたが、料簡が狭いこのような議員がいることを恥ずべきことのように思います。
30歳でお若く、血気盛んな時期であるかと思いますが、もう少し器の大きさを身に着けていただきたいものです。


2014.02.07 Fri l . URL l 編集
抗議するぐらいなら、春になったら町民みんなでごみ拾いしますから村上さんも一緒にどうですか。ごみ拾いが終わったらジンギスカンでも食べましょうぐらいのことを言ったほうが後々良かったと思います。
2014.02.07 Fri l . URL l 編集
No title
たくさんコメントが寄せられています宮崎泰宗さん、ご本人の反論やご意見が聞きたいです。
2014.02.07 Fri l . URL l 編集
No title
村上春樹氏の著名度を利用したパフォーマンス?
言葉足らずな正義感を振りかざした目立ちたがり?
頭の悪い30歳のガキにしか思えない、、
でも大丈夫。
人間には向き不向きがあるから今回の件で自分が政治行政に不向きだということが分かっただけでもある意味収穫でしょう…
できる限り早く辞職されることを望みます
中頓別町民の方々もあなたに議員報酬が税金から支払われていることを気分良く思っていないことくらいは理解できるでしょ?
人の役に立てなくてもせめて迷惑だけはかけないで生きていきましょう!
2014.02.07 Fri l . URL l 編集
No title
義憤から起こされた行動だとは思いますが、正直"安っぽい"義憤という印象です。文章も説得力に欠けます。(小学校の学級委員会レベルに近いですね)
そもそも小説は事実を表現するものではありませんし、適切な論点で問いただすべきですね。
行動を起こされるならば、文章は推敲に推敲を重ねた方が良いと思います。
貴殿には、議員としも社会人としてもさほどリテラシーが無さそうです。
しかも、中頓別町のホームページを見る限り、町議全8人中6人の連名での行動のようですが、町の優先順位って何なんですかね?
2014.02.07 Fri l . URL l 編集
ここでのコメントの多くは圧倒的に批判が多いですが、他では中頓別町への擁護もこれと同じくらい見受けられます。選挙に落とすべきなど少々お門違いのコメントも見受けられますが、これからも議員活動に御尽力いただき、中頓別町を盛り上げていきましょう。応援します。
2014.02.07 Fri l . URL l 編集
No title
まことに下手な対応だったと思います。
本当に町のためになったとお考えですか?
2014.02.07 Fri l . URL l 編集
No title
見る人が見れば分かってしまう。本人の自作自演のコメント。

恥の上塗りは辞めたほうが良いかもしれません。

一緒に議員も辞めさせられるでしょう。
2014.02.07 Fri l . URL l 編集
No title
この問題についてまとめられているサイト

http://matome.naver.jp/odai/2139157914960030201

2014.02.08 Sat l . URL l 編集
No title
都会の硬直した価値観、狭量さ、息苦しさといったものに対するアンチテーゼとして、村上春樹が「中頓別」と文字にしたことが分からんのか。
それを言うに事欠いて、「中頓別ではみんながポイ捨てをしていると思われる」だとよ。こういう馬鹿な発言が作家の創造意欲を削ぐんだよ。無恥な田舎者めが。
2014.02.08 Sat l . URL l 編集
村上春樹氏が「これ以上の御迷惑をかけないよう、単行本にするときには別の名前に変えたいと思っています」と今後の町名の変更を示唆されたそうです。
あなた方の完全勝利ですね。
これで世間が偏見誤解を抱かないのは勿論のこと、中頓別町という名前が話題にのぼることも未来永劫ないでしょう。
今後とも郷土への愛と誇りを忘れずに中頓別町での御活動頑張ってください。
2014.02.08 Sat l . URL l 編集
No title
 君は村上春樹が短篇小説で君の町を登場させた以上に、君の町の印象を悪くしてしまった。それも世界的に。中頓別町を世界の笑いものにしてしまったのだ。同じ北海道に住んでいるものとして、僕は君の行動をとても恥ずかしく思っている。

 はたして君は、ちゃんと作品を読んだのだろうか? いや、そうではないだろう。もしかすると、君にはもともと文章の読解力がないのかもしれないし、ちょっとあせって行動してしまっただけなのかもしれない。でもそんなことはどうでもいい。とにかくもうそれは、すでにやってしまったことなのだ。君はあきらかに間違った行動をとってしまった。

 いずれにしても君はまだ若く、間違えたことをしたって仕方のない年齢だ。まだわかってもらえる可能性は少しはある。今なら挽回できるチャンスがないこともないのだ。だからこそ僕はあえてここにコメントを残す。

 町の名誉を回復したいのなら、すぐに行動しなさい。村上春樹のコメントを10回読みなさい。君にはその意味が理解できるだろうか? 彼の語っている意味が。君は(自分の無知から)自分たちが傷つけられていると勝手に思い込み、彼と彼の作品に傷をつける結果となってしまった。加害者は君の方だ。そして君は作家だけでなく、町の名誉にも大きな傷をつけてしまった。はかりしれないほど大きな傷だ。

 もし自分で理解できないのなら、理解できそうな人に意見を求めなさい。そして自分の失敗にちゃんと気付きなさい。君がしてしまった、(世界的に)とんでもない事件について。それがどれほど愚かな行為であったかについて。
2014.02.08 Sat l . URL l 編集
No title
上等な芸術に取り上げられることによって、ありふれた日常が、神秘を掲示する意味深きものに、変貌する。醜いタバコの投げ捨てが、深い人間性の現れとなり、中頓別とかいうただの地図上の記号が、永遠の星座の一等星に昇格される。・・・・はずでしたのに、残根でしたね。お大事な中頓別とやらの地名は、あなたのおかげで、何十年もしないうちに、永遠にわすれられてしまうでしょう。
2014.02.08 Sat l . URL l 編集
No title
村上氏のコメントを受けて、この件も終息したようで安心したのですが、町議への批判が的外れな方向に進んでいるようなので、もう一言書かせてください。

村上氏は愛をもって書いたといわれますが、悪気がなければ何を書いてもいいのでしょうか?
作者に貶めるつもりはなくても、作品によって悪いイメージを植え付けられる個人、団体はあります。

山火事で命を落としかねない地帯に住んでいる人間にとって、山火事というのはかなり深刻な事態なのです。ポイ捨てという言葉で過敏になる気持ちを情状酌量する人がいないことを、大変残念に思います。
今回のことで、家族に意見を聞いてみましたが、やはり「その作家は山火事のこわさを知らないんだね」という答えが返ってきました。
本当に当事者しかわからないのでしょう。

たばこのポイ捨ては村上氏独特のレトリックかもしれません。でも、それで住人の神経を逆なでするようなことを書いていいのか、という問題提起として受け止める人はいないのですか?

災害が起こった場合、「危機意識が低かった」と責められるのは自治体です。
模倣犯なんて考えすぎと言えるのは、部外者だけでしょう。
自治体を支える人として、自治体の不利益になることを阻止しようとするのは当然だと思います。

村上氏の北海道への愛情のみ好意的に取り上げ、町議の郷土愛や防災意識は狭量だと、よってたかって叩く人もそれもまた狭量ではないでしょうか。
この日本人のいじめのような行動が怖いです。

今回のことで町議のバッシングが起こったことを残念に思います。
2014.02.08 Sat l LIE. URL l 編集
フィクションの世界
「フィクションの世界」の主人公の心象・・・、こういった個々人の発想、思いまで規制を求めるというのはいかがなものでしょうか?
こういったことにまでクレームをつけ始めたら、物語世界の登場人物の自由な発想も縛られ始めます。
そうなると、現実とはまた違った豊かな物語世界の、ある意味貧困化。
こういった事の積み重なったその先には、茫漠とした寒々しい現実世界と物語世界の広がりしかないのだと思います。

2014.02.08 Sat l おおた. URL l 編集
単なる読解力不足
登場人物の感想と、作家の思いがまったくイコールだなんて、どうして思えるのでしょうか。登場人物が中頓別町の場所を知らないからといって、村上氏本人が知らないことにはならないんですよ。宮崎さんは小説を読まれたことがないのでしょうか。あなたのやっておられることは単なる揚げ足取りで、それ以上でもそれ以下でもありません。山火事がどうとかいう話題まで出ているようですが、中頓別のことを知らない設定の登場人物なのに、山火事のことにまで思い至るはずもありません。どんな町かも知らないわけですからね。「ああ、この人は中頓別のことを知らない主人公なんだな」と読めない方に問題があるように思います。揚げ足取りをして喜んでいるクレーマーと同じだと思いました。
2014.02.08 Sat l やすこ. URL l 編集
No title
結局のところ問題点は、作者の思いを汲み取れない読解力不足と、ここの議員のスタンドプレーに収束すると思いますが、どれだけ言葉を尽くしても伝わりそうにないですね。

前向きな対応と作家への忖度を求める多くの意見に対して、山火事への異様なこだわり、北海道のイメージを損なう狭量さを棚に上げて「日本人のいじめ」と断じる態度は、対話の不可能な隣国を想像してしまいます。
2014.02.08 Sat l たなか. URL l 編集
売名行為?
あなたの主張、最初は悪い冗談だと思ってましたが、本気だったんですね。信じられない。

あなたみたいな町議が、創作の自由を奪い、子供たちの創造性を奪っているんですよ。ちゃんちゃらおかしい。
こんなモラルのない町議がいることを世間に知らしめて、町も大変だろうな。
2014.02.08 Sat l 一般人. URL l 編集
今後、村上さんの小説から「中頓別」とゆう地名が抹消されるとの事で、とりあえず成果があって良かったデスネ!
まぁ、フィクションの中の、さらに登場人物の心の中の想像のフレーズにクレームつけるような町だから、世界地図からも抹消したほうがいいと思う。
2014.02.08 Sat l . URL l 編集
No title
 作者のレトリックを理解して、貶めているわけではない事も理解して、全部わかった上で、作品的な理由からではなく、飛躍しているかもしれないが万が一を考慮して防災の点からちょっと……。って変更もとめるってんなら少しは理解できる。
 でも、これは、おまえちゃんと本読めるようになってから言えよ、としか言えない。文章がどういう意味か理解できないだけじゃなくて、卑屈って言い切ったり、明らかな誇張に言いがかりつけたりしてるからね。それともすべての作家は幼児でも理解できるように配慮して文章を書かなければいけないのか?

2014.02.08 Sat l . URL l 編集
この件で「中頓別」は文化・芸術に全く理解の無い民度の低い町だと世界中に知れ渡った。
今後、村上春樹の作品がこの世にある限り未来永劫「中頓別=クレーマーの町」と記憶に残ることだろう。
2014.02.08 Sat l . URL l 編集
No title
我が町旭川は 動物園でここ数年ちょっとだけ全国的に有名になったけど、ドラマで出てくる際は 主人公の左遷の地 みたいな 使われ方をし続けてきました。いまも、たまにある。
だけど、所詮はフィクションのなか。まあ、確かに寒いから・・・と 溜息はつくけど そこまででしょう。あくまで創作と 虚構のはなしですから。
本小説にしても やはり しかりだと思うなあ。
皆さんと同じようなことをかいても仕方ないのかもしれないけれど、村上氏が次回の書籍化から地名を替えるとコメントされていることが、わたしには大変モッタイナイと思われます。美深町が積極的に利用しているように、中頓別も 逆手にとって 町をPRすることに使えばよかったのに・・・

リアルに考えて
誰も 今どき ポイ捨てが 当たり前だとはとらないんじゃないの?

また 車が無くても生活ができると語られたようですが、わたしは旭川に住んでいまず。 あくまで個人的な意見ですが 車が無ければ私の生活は成り立ちません。あなたは、実際なりたちますか?

その点は、ちょっと 違和感を感じましたねえ。
2014.02.08 Sat l 旭川の住人. URL l 編集
浅はか
これ、問題にするような内容かい?まず村上春樹に謝りなさい。そしてあなたはもっと教養を身につけなさい。
2014.02.08 Sat l ぽこにゃん. URL l 編集
村上氏の反応に対するコメントをきちんと出して下さい。自分の立場を明確にした上で、つまらん事を言ってすみません、と言えば良いのです。
2014.02.08 Sat l . URL l 編集
No title
ほかに町のためにやることはないのでしょうか?ノンフィクションの小説ではないのに。
あくまでも小説の中での主人公の考え(創造)であって作者の考え(感想)ではないわけです。
もっといえば、たくさんの小説の中には実在する都市名がでてきますが、すべてが実情でしょうか?サスペンスなら本当にその都市で殺人事件がないといけませんか?
議員様ならもっと物事を柔軟に理解してもらいたいものです。
2014.02.08 Sat l . URL l 編集
中頓別はここ数日マイナス30℃近くまで気温が下がってます。
皆さん一度体験してみてくださいな。

なにも無い町ですが。
2014.02.08 Sat l 住民です。. URL l 編集
No title
抗議をするよりもっと建設的な解決方法はあったと思いますよ。
例えば村上春樹を呼んで一般人も参加出来る出版記念レセプションをするとか,映画化を持ちかけて中頓別で撮影するとか。

私の地元の兵庫県ではノルウエーの森の映画撮影をした神河町には今でも沢山の観光客が来テ駅前からは直通バスも運行される様になりました。映画の撮影に使われた竹田城址は以前はキツネやタヌキが出ていた様なところでしたが今は入場制限するくらい観光客が来ています。

講義をする事は中頓別にマイナスのイメージを与えるだけです。
2014.02.09 Sun l 辻 たかのり. URL l 編集
No title
先のコメントで言葉が足りなくて誤解されそうで申し訳ありません。
映画の撮影に使われた竹田城址はノルウエーの森のことではなく別の映画「天と地と」です。映画の撮影地になると町おこしになる別の例として挙げました。文脈から誤解をまねきそうですので追加訂正してお詫びします。
2014.02.09 Sun l 辻 たかのり. URL l 編集
宮崎議員のコメント希望
宮崎さんの抗議に対し、村上さんがコメントを出されました。
そのコメントに対し、見解を述べるのは今度は宮崎さんの番です。

村上さんは1週間でコメントしました。
宮崎さんにも1週間ぐらいでコメントをしていただきたいものです。
村上さんの考えを受け入れるのか、拒否するのか。

抗議しっぱなしであとは知らん、ということはもちろんなさらないと思いますが、早期に意思表示をされた方がいいと思います。
2014.02.09 Sun l 村上氏にも中頓別町にも所縁のない者. URL l 編集
No title
春樹はここに山火事を起こしたじゃないか。
防火意識も真っ青の りっぱな炎上だ。
春樹がポイ捨てしなきゃここは炎上しなかった。
2014.02.10 Mon l . URL l 編集
No title
町のイメージを損ねたのはむしろ貴方でしょう。
2014.02.10 Mon l 三四郎. URL l 編集
 中頓別の人間は、本心を吐露された時なんかに、親しみを持ってしっかり相手と対峙してくれる人なのだろう、みたいな事を言ってると思うのですが、何か不都合があったのですか?
 
 あなたと向き合います、という意思の表れであり、その合図代わりにみさきが捨てた煙草です。家福への親近感を、言葉に拠らずに示すための演出です。だからこの時だけ火がついたままなんです。
 家福は、みさきの心の姿勢に対して、中頓別の人間になぞらえて感想を言ったにすぎません。もしかしたら、みさきから受けた親近感から目を背けようとしてわざと真顔で冗談を言ったのかもしれません。彼にとって中頓別は遠く未知の場所で、皆が煙草を捨てるという発想は突飛ですから。作中から、みさきは普段、灰皿で煙草を消し、家福もそれを知っていると伺えますし。
 
 実際に、中頓別の人は優しい人ばかりでも、クレーマーばかりでもないかもしれません。フィクションですし、人物の主観ですから。 
 でも、例えフィクションだったとしても、作中で中頓別は褒められていたんですよ?それをわかっていますか?もう、すべてが遅いのかもしれませんけどね。 
 
私には「屈辱的表現」には思えませんでした。
2014.02.10 Mon l . URL l 編集
No title
思想、信条、表現の自由
憲法から勉強しなおせガキが
2014.02.11 Tue l . URL l 編集
No title
賛否両論の意見が多々あるのは、この話題に興味がある人間が多数いることを示しており、議論するのは自由だと思う。                    
ただ、この議員は村上氏の小説に対して「抗議」をしたのではなく「質問」をしているのである。そこをはき違えて一方的に議員批判をするのは筋違いではなかろうか?                  

この話題に興味を示す人たちは、もっと正確に情報を精査したうえで意見を交わすべきだと私は思う。
2014.02.11 Tue l . URL l 編集
No title
内容証明を送ってどうするっていうんだ
やってることが姑息で小さい
訴えても完璧に負ける。
言うだけ言って逃げてんじゃねぇよ議員さん
2014.02.11 Tue l . URL l 編集
この議員さん、冬眠しちゃったんじゃないの。
2014.02.11 Tue l . URL l 編集
 自分の子が生きていれば同じ年だった24歳の娘。屋根が閉まっている時も、車が動いている間も煙草は吸わない律儀な人物がいきなり火のついた煙草を捨てるのは不自然です。しかも初めて屋根が閉まっている時に許された煙草。この一本はただの小道具だとは考られません。主人公は「煙草を弾いて捨てた」という行為に対してではなく、素っ気なさの内に秘められた純朴な好意に対して「普通にやっている」と言った。そう読むのが自然だと思います。中頓別ではみんなが煙草を捨てている、ではなく、中頓別ではみんなが純朴で好意的だ、と言っているのです。上での通り、鬱屈した感情の逃避先として、暗喩的な修辞として、未知のシンボルとして、チェーホフを辿って、そんな文学的な解釈も可能でしょう。ただ状況から考えて、中頓別ではポイ捨てをみんなが普通にやっている、と、そのまま受け取る事は出来ないのではないでしょうか。
 町議さんは、ポイ捨てに対してだけ「普通にやっている」と読んでしまい、行動に出たのかもしれません。もしそうなら、それはあってはいけない事です。
 貴方達は、マスコミを通じ「この過ちを見過ごすことはできず、強い憂慮と遺憾の意を伝える」「町にとって屈辱的な内容。見過ごせない」」「町をばかにしている。」などのコメントを出し、このエントリーでも「心ない」などと咎めるような書き方をしています。表向きは質問状となっていますが、これ、実質やってること、マスコミを使った「非難」ですよね‥‥。単に読解に迷っているだけならそんな言葉は出て来ないはずです。
 それから、一応言っておかなければならないと思いますが、多くの作家は自分の作品の内容などを深く説明しません。なぜなら彼らは皆、言及や弁護が、その作品の質を落としかねない事を、知っているからです。そこに書かれた言葉の力のみで生きなければならないという作品の宿命を、知っているからです。ですから、村上氏の先のコメントは、貴方に対する最大限の配慮を含んでいます。それを汲み取ってください。
 それに気づいたなら、一刻も早く誠意を持って謝罪する事をお勧めします。
 そして、もし住民が許すなら、もう二度と過ちを犯さないよう尽くすべきです。心の狭い私には許すことは出来ませんが、どうかご自愛ください。
 中頓別に幸ある事を祈っています。
2014.02.12 Wed l . URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.02.12 Wed l . l 編集
No title
町を愛する人からしたら、悪く書かれた!と反応するのも無理からぬことだとは思います。が、ほかのやり方もあったのではないでしょうか。
「ほんとうの中頓別を見に来ませんか?」とか。
せっかく村上春樹によって、町に人が来るきっかけを作ってもらったのに
町の名前を変更されたら、もう町には人が来なくなりますよ。
2014.02.12 Wed l . URL l 編集
見解はまだですか?
宮崎議員がこの記事を書かれてから2週間になりますが、その後がまったく伝わってきません。
どうされたんでしょうか?
報道では「2月中の回答を求め、7日までに内容証明郵便で発送する」とありましたが、すでに村上氏からコメントがあったのですから、それに対する見解だけでもお聞かせいただきたいものです。
2014.02.14 Fri l 村上氏にも中頓別町にも所縁のない者. URL l 編集
No title
いまだ何も村上氏のコメントについて発言をなさっていないのですね
誠意ゼロな人間であることがよくわかります
2014.02.15 Sat l 頓珍漢の頓. URL l 編集
がんばれ。
連名で行動を起こした議員は何人かいたのに、やめておけと言ってくれる賢明な議員がここの町議会にはいなかったようですね。いちゃもんをつけた相手からの誠実な返答に対して、率直に対応するように諭してくれる仲間もこの町にはいないわけだ。それがTEAM中頓別。。さぞかし空は青いことでしょう。
2014.02.15 Sat l TEAM 中頓別. URL l 編集
フェイスブック内でのコメント
宮崎議員は自身のフェイスブックにおいて、すでに以下のような見解を述べられていますので、貼り付けておきます。
・・・関心を抱いていただいた皆さん、本当にありがとうございます。フィクションですし田舎を表現する言い回しがあるのは分かります。どんな言葉でも、それが作家に与えられている表現の自由なら、私には言論の自由があると思います。一作家と一中頓別町民、そこに優劣など無いはずです。中頓別町に不利益を与えたとのお声を多数いただいておりますが、中頓別町を知らない方々の中に実在する中頓別町のイメージはあったのでしょうか。小説の中の中頓別町とは真逆な取り組みに本町が力を注いでいることは知られていたのでしょうか。火のついた煙草を投げたのが、たまたま中頓別町出身者だったということなら分かります。主人公がそれを見て、中頓別町で育ったからだと想像したことが全てを物語っていると思いますし、本作品は中頓別町が舞台ではありません。温泉や鍾乳洞、軍艦岩や芝桜が描かれたわけではありません。名前を変えて欲しい、名前は変えて欲しくない、私達はそのどちらも求めておりません。町の名前が消えても傷ついた人間がいたことは消えないと思います。中頓別町という響きを好まれていたことは一町民として本当に嬉しいことですが、ポイ捨てで町おこしはしたくありません。そういう町でないことを知っていただけたらそれで十分です。
2014.02.16 Sun l . URL l 編集
No title
いやだからこの人全く趣旨わかってないじゃん。
煙草関係ないんだってば。
2014.02.17 Mon l . URL l 編集
もともと、作家と町民の立場の優劣なんてなんにも問題になってないのに何が言いたいのか。この人はぶれないし、懲りてないし、学ばないし、そして向いてないし。
2014.02.17 Mon l . URL l 編集
No title
ダメだ、こりゃ。
何言っても無駄だわ。
2014.02.17 Mon l . URL l 編集
No title
川で砂金掘りしているすぐ手元に煙草が投げ込まれたこともあったよ。 当たり前すぎて無意識でやってて、逆ギレって怖いわね。

https://twitter.com/itchobirin/statuses/435551176323371008
2014.02.18 Tue l . URL l 編集
No title
はっきり言ってあなたのせいで中頓別へのイメージが最悪になりました。
二度と行きません。
2014.02.19 Wed l . URL l 編集

どんなイメージあったんだよ(笑)
おしえて
2014.02.19 Wed l . URL l 編集
ご英断を高く評価します
北海道出身の者です。中頓別町がどこにあるのかもはっきり知らないのに、タバコのポイ捨てを「みんなが普通にやっている」というような描写をするなんて、村上氏にしてはなんて軽率なことをするのだと感じました。タバコのポイ捨ては、恥ずべきことだし、山火事などのリスクも考えると大変危険な行為です。このような行為が普通に行われているとするのは、町のイメージダウンになると私も感じ、これに対して抗議するのは当然だと思いました。抗議していただいて大変ありがたいです。村上氏はノーベル文学賞候補と言われ続けており、多くの作品が翻訳され、世界中で読まれています。そのように影響力の大きな作家ですから、実在する町の名前を使う場合には、もっと慎重になるべきかと思いました。この掲示板を読むと、議員を辞めろとばかりの誹謗中傷が酷いですが、タバコポイ捨てはどう考えても恥ずかしい行為ですから、そのような行為を直接・間接に擁護する人の声は聴き流して結構かと思います。誹謗中傷に負けずに頑張ってください。応援しています。
2014.02.20 Thu l . URL l 編集
誹謗中傷に負けないで下さい
前のコメントに付記: 掲示板に、中頓別のイメージがかえって悪くなったとか、憎まれ口を書き残して行く人が何人かいるようですが、たぶんこの方々は中頓別がどこにあるのかもわからない人達でしょうし、自分自身でタバコのポイ捨てを普通と思っているような恥知らずの人たちと推察するので、お気になさらなくてよいかと思います。村上氏の小説で、中頓別がタバコポイ捨ての町として知られたとしたら、どう考えてもそれがイメージアップにはならず、むしろマイナスでしょう。そのイメージでやってくる観光客がみんなタバコのポイ捨てをして行ったら、本当に迷惑です。タバコをポイ捨てして行くような観光客には別に来ていただかなくていいかと思います。今回のことは、一般の人には特にイメージダウンになることはないと思います。自信を持って頑張ってください。
2014.02.20 Thu l . URL l 編集
No title
 びっくりしたのですが、作家と中頓別町民に優劣がないのは当たり前です。それをわざわざ書いたり、くだらない悪口雑言を気にするのは、都会に対して何らかの偏見、劣等感があるのからではないのですか?無知だけではなく、少なからずそういう意識が早とちりと不必要な非難につながってしまったのではないですか?私は田舎育ちですし、田舎ってすばらしいと思いますけど。あなたは心の底では自分の町が嫌いなんじゃないんですか?もしそうなら、肩の力を抜いて、もっと自分の町に自信を持ってください。中頓別の事は良く知らなくても、みんながポイ捨てをする町が日本中どこにもない事ぐらい誰でも知っています。大衆はそんなに愚かではありません。
2014.02.20 Thu l . URL l 編集
No title
ハルキニストがいると聞いてきたんですけど。
凄いですね。(笑)
2014.02.20 Thu l . URL l 編集
No title
ニュースを見てきましたが、ひどいコメントですね…

村上春樹さんという方は、熱狂的な信者がいるという事は知っていましたが…
これにはドン引きです。

「有名になれたんだからいいだろ」とか
「金落としてくれるんだからいいだろ」とか
そういう話じゃなく、単純に善悪の話だと思います。
その発想自体が、田舎を馬鹿にしてレッテル張りをしているでしょう。
いつも主観でしか小説を読んでいないのでしょうか?だとしたらもったいない話です。
小説を読むなら、もう少し相手の立場になって物事を考えて冷静に行動する能力を身に着けるべきです。

信者の人は村上春樹の肯定から話がスタートしているので、もう少し冷静になったほうが良いです。
それに、村上春樹の名を汚さない為にも、本人が終わらせた問題を蒸し返すのはやめたらどうでしょうか。
2014.02.20 Thu l . URL l 編集
No title
何かあさっての事言ってる人いるけど、まさか読んでないでコメントしてる人いないですよね?作者の好き嫌い以前に、読解の段階でおかしくなってる。
2014.02.20 Thu l . URL l 編集
No title
初めまして、そして失礼。

そもそも中頓別が舞台じゃないのに、
中頓別が舞台みたいな事を言って宮崎議員を叩いてる連中の方がクレーマーですよw
作中の登場人物である中頓別出身の運転手が吸殻をポイ捨てしたということに対して、
中頓別ではそれが普通だろうと書かれたエピソードに対して宮崎議員が抗議したのに、
何勝手に中頓別を舞台認定して宮崎議員が中頓別を結果的に貶めたみたいにして宮崎議員を叩いてる人の方がよっぽど悪質ですよw
そんな人は多分問題の小説なんて読んでないでしょうけどねw

宮崎議員様、誹謗中傷に負けずに頑張ってください。
2014.03.22 Sat l 隣町民. URL l 編集
道北・稚内の旅
北海道へ旅行して来ました。今回は観光ツアーだったのですが、札幌から道北方面へ北上したのち北西の海岸線にでて稚内へ、そこから東南の海岸線を下るルートでした。そのため今回、中頓別町には寄れませんでした。

未知の場所を訪れた後にはいつも独特な満足とそしてある種の寂しさのようなものがありますね。ロマンというのでしょうか。リアルなものに触れると、いつもそれは損なわれてしまいます。

まだ見ぬ土地、中頓別町が一体どんな町なのか、ロマンをそそられる想いがします。でも行かない方がいいのかな。ロマンはロマンのままであったほうが良いのかもしれません。リアルなものだけでは人生は味気ないものなのでしょう。
2014.04.07 Mon l 読者. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://miyazaki0616.blog.fc2.com/tb.php/23-8402f92e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。