上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
y_miyazaki0616

8月3日(土)中頓別町メモリアルパークで開催する2013全日本水風船キャッチ選手権大会の出場申込締め切りを明日7月31日迄延長しております!
07-30 14:22

2013.07.31 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 「中頓別町民間賃貸住宅建設促進条例」(民間アパート建設助成)は、平成25年3月定例会で町長から提案され成立しました。
 この条例の目的(第1条)には、「町内に民間賃貸住宅を建設する個人又は法人に対して、その費用の一部を助成することにより、良質な賃貸住宅の供給の促進を図り、もって町民の定住を図る」と謳われています。
 
 しかし、本条例のように、工事費をベースとした補助金による支援は、不透明感が漂います。
 とくに、民間アパートの所有者(発注者)と建設業者(受注者)が同一の場合、確認申請段階と完成後の家屋価値に大きな差が生じる可能性もあるのではないでしょうか。高く申請して安く建てるということですね。
 補助金支出のベースに家屋完成後の評価額を用いないということで、工事費の水増しや手抜き工事のチェックを難しくしていると考えられます。
 
 仮に条例や規則で補助金の使い道を家屋の工事費だけに限定したとしても、お金に色はついていないわけで、アパート経営に必要なその他の経費、例えば用地取得(土地購入費)に使われてもわかりません。
 こうした制度で直接恩恵を受けるのは、経営者と土地買収などにからんだ一部の者だけになることも問題でしょう。
 裏を返せば、先に補助の依頼ありきで、あとから公共性を付け加えた条例とみることもできます。
 
 
2013.07.25 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 6月17日の第2回定例会で、私は民間アパートの建設補助について質問しました。

 建設候補地は、あかね団地側の町有地もその一つでした。本来、町の助成条例を適用するなら、町有地の有効活用を第一に考えるべきですが、なぜか、役場庁舎と旧営林署庁舎の間の土地に決まりました。
 この土地は、昨年3月議会で修正議決された予算に計上されていた役場裏の土地所有者名義でした。町はこの土地の斡旋に関与していないのか。偶然の一致なのか?面積の違いはさておき、売買価格にどれくらいの差があったのか質しました。

町長の答弁
 条例制定時に話したとおり、候補地は二つあったが、町としてあかねの町有地しか紹介していない。いくらの差があったのか、いくらで売れたか聴いていない。稚内信金が積極的に土地の取得も斡旋した。私は関与していない。土地については、所有者に電話した覚えも要請したことも一切ない。稚内信金は、いまの場所が人通りが多く建物の宣伝になるとのことで薦め、土地取得手続きの一切を行ったと聴いている。

 
 以上、第一報としてご報告申し上げます。
2013.06.22 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 中頓別町にはまだ光がありません。これから設置に向けて動いていくことになると思いますが、町内の皆さんは現状をどのように感じておられるでしょうか?

 また、他の地域では実現されているところが多いと思いますので、現在の設置状況、設置前から設置後にかけての問題点などはあるでしょうか?
2012.12.16 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 2人目の常勤医として期待されていた医師がお辞めになったということを耳にしました。正式な報告を受けているわけではありませんが、これが事実なら大きな疑問を抱く方は多いと思います。
 町長の行政報告や、その他の報道で誤解を招くような表現があったからではないでしょうか。
 
 私自身は瓦版において誤解の無いよう一言触れさせていただきました。事実、その医師は試用期間として勤務されていたわけで、常勤医どころか、このような短期間で国保病院を去ってもなんの不思議もないと思います。それをまるで確定したかのような報告、報道。医療に対する信頼の回復を焦り過ぎてしまった結果ではないでしょうか。
 
 まだ2年足らずの議員経験ではありますが、浮き彫りとなる問題の多さに恐怖すら感じています。今に始まったことではないかもしれませんが、はっきり申し上げて、今の体制では何をやってもうまくいかない気がします。

2012.12.02 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。