上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 ブログやフェイスブックで第一報に反響をいただき、誠にありがとうございます。
 
 前院長側も和解案を受諾する意向であるという連絡があり、本日開かれた臨時会の中で明日和解成立の見込みとなりました。

 和解が成立すれば訴訟は終結しますが、1つの行方が見えた今、私は新たな疑問を感じています。

 お互いにとって今回の裁判には一体なんの意味があったのでしょうか?

 当初、前院長側は金額で言えば約2千万円を請求していました。その訴えは町側が起こした反訴に統合され、最後は806万円か0円かを争っていたことになります。

 それを考えると、やはり反訴は必要なく、応訴だけでも同じような結果になったはずです。

 それどころか、少しでも早く和解していれば、裁判費用も最小限に抑えられたと思います。

 新聞で訴訟合戦のように報じられたことはもってのほかであると町長はおっしゃいましたが、そう言われるような対応をとったのはご自身です。
 
 責任を感じ、総額で約40万円の減給をするということですが、町長の月給にもみたない額です。
 
 町民の皆さんにそのような言い訳は通用しないでしょう。
 
 救いがあるとするならそれは、内定している2人目の常勤医の存在でしょうか。
 
 1人体制で尽力してこられた現院長と、こういう中でも勤務地に選んでいただいた方との2人体制が続くことを願います。
 
 不可解な本訴訟の結末に対する現時点での私なりの理解は、互いにとって、これはただの感情論でしかなかったのではないだろうかということです。
 
 私は前院長が和解を受諾することはないと思っていました。
 
 町側の裁判費用はおよそ150万円に膨らみ、請求額との差が166万円ですので300万円以上の町費が失われることになります。
 
 裁判長が示す和解案ですから、本裁判の判決と大差が無いということは分かりますが、前院長にとっても裁判費用に大きな差が無いとしたら、訴訟など起こさず、806万円を支払っていた方が、どの点から見ても良かったのでは思えるからです。

 全面勝訴なら裁判費用を相手に請求できるのですから、どちらにとっても選択肢は1つしか無かったはずです。

 それなのに今さら和解するということは、結果はあまり関係なかったのかなと思えてなりません。

 和解というと何か穏やかな印象があるかもしれませんが、一部敗訴の結果であることは間違いありません。

 今後は、失われる町民の皆様の血税を、誰かに請求することが出来なくなります。本当に申し訳ございません。

 連帯保証人に補てんしていただけることを願うばかりです。
 
2012.10.10 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 更新が大変遅くなり申し訳ありません。明日で9月定例会が閉会となります。

 定例会については改めて瓦版でもご報告させていただきます。
 
 今日は少しでも多くの方に知っていただきたいことがあり、取り急ぎブログ版でお知らせ致し

ます。

 それは、ここまで足掛け2年、前院長と町で争われてきた、医師養成費貸付金返還請求訴訟

(反訴)についてです。

 いよいよ判決の時が近づいてきたこともあり、今回も一般質問で町長に答弁を求めました。

 先日町長が出廷した証人尋問を傍聴し、判決言い渡しが11月16日になったことを知りまし

た。

 その後になって出てきた和解という言葉は一体何を意味するのでしょうか。

 10月11日に裁判長から和解案が示されます。

 反訴を提案したときに町長がおっしゃった、完全勝訴によって責任を果たすということが難しく

なったと思います。

 判決を待っても、示される和解案と大差は無いでしょう。

 和解ということですから全額返済ということも考えにくいですし、裁判費用についても自己負

担ということになるのではないでしょうか。

 それでは話が違います。

 貸付金も裁判費用も全て町費です。

 町長は町民も納得してくれるのではないかとお答えになりましたが、ほんの一部の責任ある

方々のために、なんの罪も無い町民の皆さんの税金が無駄に使われることになるとしたら誰が

納得するでしょうか。

 納得するのは、責任を負わなくて済む方だけでしょう。

 散々町費を費やしたあげく、内容によっては和解。

 なんのために反訴までしたのか。

 それなら調停の段階で和解すれば費やされる町費も最小限で済んだはずですし、何かあっ

たときのために担保として連帯保証人の皆さんが積み立てていた、十分な保証金を安易に返

還してしまった現町長の責任が問われるべきだと私は考えますが、皆さんはどうお考えになる

でしょうか。

 このままでは、一部敗訴の内容で和解することになり、町民の皆さんの血税を町長と議会で

私物化してしまうことにもなるのではと感じ、第一報としてお伝えするものであります。
2012.09.27 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 今月の20日、21日の2日間を会期として、平成24年第2回定例会が開かれます。
 
 平日の昼間ですので、お仕事をされている方の傍聴は難しいですね。
 
 そのあたりも変えていかなければなりません。

 会期を毎年1年とし、常に土日祝日や夜間などでも会議を開けるようにしなければ、新しい議員を生むことは今後更に難しくなるでしょう。
 
 同じ1年を過ごしても意味がありませんので、常に変化や成長を求め、今年はそういった目標の達成を目指していきたいと思います。
 
 本日、今定例会で私が行う3つの一般質問を通告してきました。

 1つめは、光通信と地デジ難視聴の解消についてになると思います。

 この質問については重複があるようですので、今後の見通しが聞ければ良いかなと思っています。

 積極的な取り組みが見えなければ、若い世代を中心に動いていくつもりですので。

 2つめは、医師養成費貸付金返還請求訴訟の見通しについてになると思います。

 この質問は、1年間続けてきましたが、いまだ解決に至っておりません。

 しつこく続けていきます。

 最後は、割り箸製造の現状についてという質問になるでしょう。

 中頓別で割り箸を製造しているというのは若い方でも聞いたことがあるのかなと思います。

 私も同じです。

 聞いたことがあるという程度です。

 多額の費用が投入された産業の現状が見えにくいという疑問から今回の質問に選びました。

 今定例会が閉会しましたら、また皆さんにご報告させていただきます。
2012.06.11 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 新しい方からコメントをいただきました。瓦版配布後ということもあり、おそらく中頓別の方なのでしょう。
 
 私に対する批判は大歓迎です。コメントをいただけることも本当に嬉しいですが、中頓別にいらっしゃるなら、ぜひ、直接指摘することも考えていただきたいと思います。早朝からお疲れ様です。

 お答えいたします。修正や否決は賛成するより、はるかに難しいと思います。今回の土地に価値があると思うのなら、あなたが買って下さい。必要だと思う人が買えばいいと思います。抵当権は二の次です。ほとんどの議員が必要でないと判断しました。
 
 町長や担当課、寄付行為に当たらぬよう、役場の誰かが買って利用するなら文句なしです。財政難であることは間違いありませんし、それを理由に町民の皆さんに我慢をさせています。
 
 あなたがごく少数の必要とする側の方なら、ぜひ、所有者に寄付してもらって下さい。隣接する土地を放っておいたのは、今の理事者です。他に改めるべき事がたくさんあるのではないでしょうか。ご意見お待ちしております。
2012.05.04 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 宮崎泰宗後援会がチーム中頓別かわら版を発行しました。現在配布中ですが、後援会事務所にも置いています。

 配布が迷惑だと感じる方がいらっしゃるかもしれませんので、今後はご協力いただけるところに少しずつ置かせていただけたらなと思っております。

 ブログ等でも活動報告などを書かせていただいておりますが、より多くの方々に少しでも早く町政の現状をお伝えし、今を知っていただきたいと思っております。

 様々な問題が浮き彫りとなった3月定例会は終わりましたが、年度の境目という忙しさもあり、今やっと一息ついているような気がします。昨年の今頃を振り返り、まだほんの1年が終わったばかりですが、議員職を全うでき2年目が迎えられることも支えていただいている皆さんのおかげです。

 かわら版を貼り付けてみました。是非ご覧いただき、ご意見やご感想をいただけたら幸いです。
SCN_0001.jpg
SCN_0002.jpg
2012.04.25 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。